EXHAUST

EXHAUST

 

 新規制対応=事前認証制度所得

 

 国土交通省より「2010年4月 消音器に関する新規制」が発表され、『後付マフラーの消音器の音量等に関する新規制』

 が施行され新規制対応マフラーの装着が必要となります。

 

 2010年4月以降の生産車からの交換用社外マフラーは従来の近接排気騒音に加え、『加速走行騒音の義務付け』が追加

 され、事前に第三者である認証機関での確認を受け、(事前認証制度)、国が指定する表示マークが必要になりました。

 

 国が指定する登録性能等確認機関(JQR、JATA、JARI、JMCA)のうちアドミレイションでは2010年4月以降の生産車

 からは JATAでの性能試験を行っており、安心して商品を装着していただけるよう取り組んでおります。

 

 ※新規制対象車両の判断は車検証のマフラー加速騒音規制適応車の有無にてご確認下さい。